ここから本文です

物議を醸す「ケイ素入り水素水」avexに真相を直撃

ITmedia ヘルスケア 7月30日(土)6時10分配信

 ある日、ドラッグストアにて“意味深な水”を見つけてしまった。商品名は「超高濃度プレミアム水素水 HYDROPREMIUM(ハイドロプレミアム)」。パッと見ただけでは、栄養ドリンクにも見えるが、どうやらこれは「水素水」という種類の水らしい。商品名をちゃんと見ないと、栄養ドリンクと間違えて買ってしまいそうだ。

【商品画像】“超高濃度”なプレミアム水素水

 そのとき、ドラッグストアでは購入しなかったが、帰宅後に気になって調べてみると、なんと歌手やタレントのマネジメントで有名な芸能事務所「avex」のショッピングサイト「avex beauty method SHOP」が企画し、販売している商品だった。

 検索してみたところ、元モーニング娘。の後藤真希さんをはじめとした芸能人のブログでも記事の中で紹介されていることが確認できた。芸能人を中心にブームになっているらしい「超高濃度プレミアム水素水 HYDROPREMIUM(ハイドロプレミアム)」。公式サイトによると、この商品は通常の水素水とは違い、“ケイ素入り”だと書いてあるが、そもそも、水素水とはどのようなものなのだろうか?

●水素水とは何か

 過去の記事でも触れたが、「水素水」という名称が何を指すのかメーカーによって主張はさまざまだ。ここでは水(H2O)に水素分子(H2)を溶かした水のことを指すこととする。

 この「水素水」に関しては日本医科大学の太田成男教授などが研究中だが、医薬品としての認可は下りていないのが現状だ。一方、「水素水」という言葉に尾ひれがついた「電解水素水」「活性水素水」「ナノ水素水」などの類似した商品名も数多くある。これはメーカーによって使う単語が異なるため、商品名が違うのだ。

 「水素水」と「電解水素水(旧名:アルカリイオン水)」も別物であり、冒頭で筆者がドラッグストアで発見した「超高濃度プレミアム水素水 HYDROPREMIUM(ハイドロプレミアム)」は、電解水素水ではない水素水(水に水素を溶かした水)にケイ素化合物を溶かしたものだと考えられる。

●ケイ素とは

 次に「ケイ素」は原子番号14の元素にあたる。「シリコン」や「シリカ」と言い換えるとご存じの人もいるだろう。

 地殻中に多く存在し、ケイ酸塩などケイ素化合物の形で鉱物を構成することで知られているが、積極的な摂取による健康の向上について証明できている実験は調べた限りでは見つからず、その必要性は定かでない。一方、ケイ素化合物が動物や植物において骨格や細胞壁を構築し、補強するための成分であることは明らかとなっている。そのためのケイ素は、人間は食事から日常的に摂取しているということだ。

 ケイ素化合物を積極的に摂取する有効性・安全性については信頼できるデータはないが、商品にもなっているのだから市場からある程度注目されているのは確かだ。

 有効性について疑問がある一方で、avex beauty method SHOPの公式サイトではこのように書いてあった。

 ケイ素(シリカ)とは、私たち人間にとってはかけがえのないミネラルの一種。 私たち人間のあらゆる組織に存在し、お肌・骨・爪・髪の毛などの、成長を構成する重要な役割を担っています。 (以下略)美意識の高いハリウッドセレブの間でも大ブームの成分なんです。

 (avex beauty method SHOP「超高濃度プレミアム水素水 HYDROPREMIUM(ハイドロプレミアム)」商品ページより)

 どうやら、芸能人をはじめ、セレブの間でも「ケイ素」が注目されているようだ。しかし、ケイ素の有効性について立証するデータが乏しい中、どのように商品を企画したのだろうか?

 この商品をavexと企画したイングリウッド社の担当である渋沢さんに話を聞いてみた。

●超高濃度プレミアム水素水 HYDROPREMIUMについて

―― なぜこの商品を企画したのでしょうか?

渋沢 もともとavexさんとの共同開発なので、アーティストさんやアスリートさんが飲めるような「スポーティーで健康的なドリンクを作れないか」というところから始まりました。

―― 確かに、健康を気にするアーティストさんやアスリートさんは多そうですね。

渋沢 水だったら今水素水が注目されているということもありまして、開発に着手しました。「ただの水素水」ではなく、話題性のあるケイ素も配合させてより市場でも優位性を高めたいというところが狙いですね。

―― どのようなケイ素がこの商品で使われているのでしょうか?

渋沢 弊社商品で使用しているのは良質の水溶性ケイ素になります。類似品である「植物性ケイ素」と「水溶性ケイ素」を比べて実験を行ったのですが、免疫能試験や骨密度試験で結果が出て良質だと判断されたのは「水溶性ケイ素」でした。これはサイトにもある通り、岐阜大学や麻布大学の研究機関とタッグを組んで実験を行っています。

―― ケイ素も研究されているのですね。実際、この超高濃度プレミアム水素水は、どれくらい売れているのでしょうか。

渋沢 出荷本数ですと、約50万本ですね。avex beauty method SHOPをはじめ、大手ドラッグストアさんでも取り扱いが始まっています。水素は原価が高いため、通常のミネラルウォーターよりはやや割高になっています。

―― 一見エナジードリンクにも見えますよね。容れ物が缶だと水素も逃げづらいのでしょうか?

渋沢 容れ物に関してですが、ハイドロプレミアムは水素をキープできる「アルミ缶」を採用しています。水素は製造時からどんどん抜けていってしまうものです。どのようにしたら水素量をキープできるのか、商品化の際にもアルミパウチと比較をしましたが、アルミ缶のほうが抜けにくい結果となり、この容れ物になりました。デザインは東京オリンピックに向けて、日の丸を意識した赤を使ったり、全体を和のテイストにしたりと試行錯誤の結果、このデザインに決まりました。

●実験を見せてもらった

 「超高濃度プレミアム水素水 HYDROPREMIUM」にどれくらい“水素”が含まれているのか、実験ができるとのこと。渋沢さんに聞いたところ「溶存水素濃度判定試薬」という水素の量を測る薬品が存在するらしい。

 実際に実験を見せてもらった。

 水素があるうちは、青い薬品を垂らしても、水が透明のままだ。しかし、水素が空中に逃げて、水に含まれる水素量が少なくなってくると、色が青く浸透していってしまう。

●研究はこれから

 伊藤園や日本トリムなど、水素水を販売する企業が増えてきているが、どのような効果があるのかについては物議を醸すこともあるだろう。医学的観点から水素水に入った「ケイ素」は人間の身体にとってどれくらい大切なものなのだろうか。

 水素治療の専門家によると「水素の摂取方法にも種類があり、肘の痛みなど特定の部位を改善したいのであれば、水として飲むのではなくクリニックなどで注射をする必要があります。企業の販売しやすさから、水としての摂取がブームのようですが、水だと行き届かない部分も多いです」という。

 また、ケイ素についても、その専門家は“不明な点が多い”という。

 「ケイ素については、いまだ正確な研究結果がない状態です。ミネラル検査にて、日本人のケイ素が低下しているのは事実ですが、それによってどのような問題を引き起こし、どのようにすると改善できるのか不明な点が多いといえます。身体の不調や肌トラブルを感じたら、専門家の意見なしに対処せず、ひどい場合は医師に相談するようにしましょう」

 どうやらケイ素に関しては、現段階で研究が進んでいるとはいえないようだ。国内の実験では、人体の中でケイ素が減っていることは確かであるが、ケイ素の減少によってどのような問題を引き起こすのか、どのような行為で改善が見込めるのか、明確な研究結果がないという。

 大手も参入し、芸能人もブログで紹介するなど、もはや水素水元年ともいえる2016年。人気はまだ続きそうだ。今後も多くの水素水商品が世に出てくるだろう。より健康になるために何を選ぶのかは人それぞれだが、消費者としてお金を払うものだからこそ、いろいろと吟味する余地がありそうだ。

最終更新:8月3日(水)9時46分

ITmedia ヘルスケア