ここから本文です

豚の死骸を不法投棄 沖縄県と国頭村調査に「ほかの業者も・・・」

沖縄タイムス 7/30(土) 5:00配信

 沖縄県と国頭村は28日、同村楚洲で養豚業者が飼育中に死んだ豚の死骸を不法に投棄している疑いがあるとして、立ち入り調査を行った。県によると、この業者は22年前に養豚業を始めて以降、豚舎から数百メートル離れた所有地に重機で溝を掘り、豚の死骸を廃棄してきたという。県は楚洲地域の他業者も同様の違法な家畜処分をしているとみて調査に乗り出す。
 県と村の調べに業者側は投棄を認め「ほかの業者も同じように投棄している」と話したという。
 発覚は今年6月中旬ごろ。一般人から国頭村に、死骸が野ざらしにされたままの投棄現場の写真提供があった。
 県環境整備課によると、現場には長さ50メートルほどの溝があり、既に死骸が土で埋められ、上から消毒用として使われる石灰がまかれた状態だったという。同じような溝は数本確認された。この業者は現在5千頭余りの豚を飼育している。
 家畜の死骸は産業廃棄物で、処分には知事の許可が必要。県は産廃処理法違反や化製場法違反にあたるとして指導や処分を検討している。
 立ち入り調査を受けた業者で約15年前に働いていたという男性は「周辺の業者はみんな所有地に穴を掘って埋めている」と話す。豚舎に押し込められた豚はストレスから月に数頭から十数頭死んでしまうという。
 家畜の死骸は産廃最終処分場か専用処理施設まで運び、処分する必要がある。処理業者によると、豚の処分は1頭当たり500~千円。担当者は「遠方からだと移送費もかかり処分コストはさらにかかる。その費用に頭を抱える業者はいると思う」と話した。

最終更新:7/30(土) 18:53

沖縄タイムス