ここから本文です

チェッキーノ出走取り消し 左前浅屈腱炎を発症

デイリースポーツ 7月30日(土)6時59分配信

 クイーンSの最有力馬と目されていたチェッキーノ(牝3歳、美浦・藤沢和)が左前浅屈腱炎を発症し、29日朝に同レースへの出走を取り消した。

 藤沢和師は「残念なことになってしまった。日曜日(31日)にノーザンファーム早来へ放牧に出し、そこでの様子を見た上で、今後については決めたいと思っている」と無念の表情。サンデーレーシングのホームページによると、症状は比較的軽度で、現役続行を前提に治療方針を決めていくもようだ。

最終更新:7月30日(土)8時30分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ