ここから本文です

松山英樹が5打差9位タイで決勝へ!池田勇太、谷原秀人も13位タイの好位置

ゴルフ情報ALBA.Net 7月30日(土)8時39分配信

<全米プロゴルフ選手権 2日目◇29日◇バルタスロールゴルフクラブ(7,428ヤード・パー70)>

2番イーグルを決めて歓声にこたえる松山英樹

 ニュージャージー州にあるバルタスロールGCで開催されている、海外男子メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」は途中雨による中断を挟みながらも第2ラウンドを消化。トータル9アンダーとしたジミー・ウォーカー(米国)とロバート・ストレブ(米国)が首位タイに並んだ。2打差の3位タイにディフェンディングチャンピオンのジェイソン・デイ(オーストラリア)とエミリアーノ・グリジョ(アルゼンチン)がつけている。

 日本勢は出場3選手全員が予選を通過。1アンダーの21位タイから出た松山英樹は2番パー4で約130ヤードを直接放り込むイーグルを奪うなど3つスコアを伸ばし、トータル4アンダーの9位タイで決勝へ。午前組で雨の中スコアを3つ伸ばした池田勇太はトータル3アンダーの13位タイ、谷原秀人も池田と並んで13位タイと好位置につけた。

 トータル6アンダーの5位には「全英オープン」でメジャー初制覇を達成したヘンリック・ステンソン(スウェーデン)。松山と並ぶ9位タイにはリッキー・ファウラー(米国)、13位タイにはジョーダン・スピース(米国)、アダム・スコット(オーストラリア)らも控えており決勝ラウンドはさらに白熱した展開となりそうだ。

【2日目の順位】
1位T:ジミー・ウォーカー(-9)
1位T:ロバート・ストレブ(-9)
3位T:エミリアーノ・グリジョ(-7)
3位T:ジェイソン・デイ(-7)
5位:ヘンリック・ステンソン(-6)
6位T:マーティン・カイマー(-5)
6位T:パトリック・リード(-5)
6位T:ブルックス・ケプカ(-5)
9位T:松山英樹(-4)
9位T:リッキー・ファウラー(-4)
9位T:ハリス・イングリッシュ(-4)
9位T:ジェイミー・ドナルドソン(-4)
13位T:池田勇太(-3)
13位T:谷原秀人(-3)

(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:8月1日(月)10時39分

ゴルフ情報ALBA.Net