ここから本文です

桜田ひより13歳、鮮やか浴衣姿に「大人っぽい感じ」 夏休みは宿題が悩み

映画.com 7月30日(土)12時50分配信

 [映画.com ニュース] 13歳の若手女優・桜田ひよりの初写真集「ひより日和。」の発売記念イベントが7月30日、東京・神保町の三省堂書店で行われた。赤と白の椿が鮮やかな浴衣姿で登場した桜田は、「普段とは全然変わって、大人っぽい感じ。ワクワクします」とほほ笑んだ。

【フォトギャラリー】浴衣姿の桜田ひより、その他の写真はこちら

 沖縄でロケが行われた初写真集の出来栄えは、「99点です。あと1点は、次の時にプラスできるように頑張りたいです」。大胆に背中が開いたワンピースを着て振り向くショットがお気に入りで、「ワンピースも、振り向いている姿も大人っぽいと思います」と胸を張る。水着を着て海やプールに入り、今年初のスイカ割り&かき氷も楽しんだそうだが、「実は泳げなくって」と照れ笑いを浮かべた。

 夏休みを「満喫しています」と語った現役中学生。「今度、友だちと映画を見にお出かけします」と目を輝かせたものの、「宿題の量が多くて、まだやっていないです。簡単なのを先にやって、難しいのを後に残しちゃいます」と等身大の悩みを告白した。

 目標とする女優は、映画「さいはてにて やさしい香りと待ちながら」で共演した永作博美。その理由を「永作さんはコーヒー店の店主役。休憩中もコーヒーをいれて配っていたりして、周囲に気を使える素敵な女優さんでした」と明かす。約8年前、初仕事のごほうびで買ってもらったというオランウータンのぬいぐるみを抱きしめながら、「演技もうまくなりたいですし、周りに気を使える素敵な女優さんにもなりたい」と意気込んだ。

 「ひより日和。」(税別で2778円)は発売中。

最終更新:7月30日(土)12時50分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。