ここから本文です

【地方競馬】ディアマルコ重賞3連勝 佐原「夢みたいです」

デイリースポーツ 7月30日(土)6時59分配信

 「兵庫サマークイーン賞」(29日、園田)

 高知所属の3歳馬ディアマルコが強豪古馬を撃破して、重賞3連勝を飾った。園田での重賞は2走前の、のじぎく賞に続き2勝目。2着には1番人気のトーコーヴィーナスが入り、園田転入後10連勝中だった、2番人気のタガノトリオンフは3着に終わった。

 高知ダービー馬の称号は、だてではなかった。ディアマルコはハナを切ったトーコーヴィーナスを見る形で2番手を追走。3番手にはタガノトリオンフが続く。先行有利の流れのなか、そのままの隊列で直線へ。3頭の追い比べとなり、トーコーヴィーナスが押しりを図ろうとしたところを、外からひと追いごと伸びたのがディアマルコが、ゴール前でクビ差かわした。

 鞍上の佐原は「正直、自信はなかった。古馬との(実力)差を見てみたかったが、まさかこれだけのレースができるとは。夢みたいです」と同馬の勝負根性に目を丸くした。

 次走は秋桜賞(9月1日・名古屋)へ向かう予定。高知のニューヒロインの今後が楽しみだ。

最終更新:7月30日(土)8時29分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]