ここから本文です

【鈴鹿8耐】4耐決勝は波乱の展開に…優勝はAstra Honda Racing Team

レスポンス 7月30日(土)14時43分配信

2016“コカ・コーラ ゼロ”鈴鹿8時間耐久ロードレースと併催している、鈴鹿4時間耐久ロードレースの決勝が30日に行われ、No.7Astra Honda Racing Team(イルファン・アルディアンシャー/レーザー・ダニカ)が優勝を飾った。

[関連写真]

曇り空の中で始まった8耐最初の決勝レース。1周目から転倒が続出するなど、いきなり波乱のスタートとなった。

ポールポジションを獲得したAstra Honda Racing Teamだが、スタートで出遅れてしまい3番手へ。それでもトップのNo.57TeamMF&MANUALTECH+アクタHD+PURETECH+桜projectとNo.81Thailand YAMAHA Team Norickと激しいトップ争いを展開。スタートから30分を経過しても2秒以内にひしめく激戦を展開。時より順位を入れ替えながら1回目のピットストップを迎えた。

するとここからアクシデントが続出。トップを走っていた57番がまさかのガス欠に見舞われスプーン手前でストップし脱落。代わってトップにたった81番も2時間20分を経過した57周目の最終コーナーで転倒を喫してしまったのだ。

序盤から激しい争いをしてきたライバルが姿を消し、レース後半はAstra Honda Racing Teamが安定した走りを披露。最終的には2位以下に24秒の差をつけ、100周でトップチェッカーを受けた。2位にはNo.73CLUB PLUS ONE、3位にはテルル・スガハラレーシングが入った。

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:7月30日(土)14時43分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。