ここから本文です

息子を探すN・ケイジVS怪奇現象「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」10月公開

映画.com 7月30日(土)19時0分配信

 [映画.com ニュース] ニコラス・ケイジが奇怪な現象に巻き込まれる父親を演じたホラー「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」が、10月に公開されることがわかった。あわせて、不気味な子どもの顔が浮かび上がり、ハロウィンのおどろおどろしい衣装に身を包んだ人々がケイジを取り囲むポスター画像がお披露目された。

 米ニューヨークの大学で教鞭をとるマイク(ケイジ)は、ハロウィンの夜に7歳の息子チャーリーとカーニバルへと出かける。ところがチャーリーは、「霊(ゴースト)に償ってくれる?」と謎めいたひと言を残し、突然姿を消してしまう。妻クリステンとともに必死に息子を探し続けるマイクは、やがて毎年ハロウィンに子どもたちの失踪事件が起き、誰も見つかっていないという事実にたどり着く。そして次のハロウィンが迫るなか、マイクの周辺で怪奇現象が起こり始める。

 失踪するチャーリーを子役のジャック・フルトン君が演じ、妻クリステンに米ドラマ「ウォーキング・デッド」や映画「イントゥ・ザ・ストーム」で知られるサラ・ウェイン・キャリーズが扮する。マドンナの主演作「BODY ボディ」(1992)を手掛けたウリ・エデル監督がメガホンをとり、音楽を「死霊のはらわた(1981)」のジョセフ・ロドゥカ、撮影を第87回アカデミー賞で3部門を受賞した「セッション」のシャロン・メールが担当する。

 「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」は、10月22日から東京・渋谷シネパレスほか全国で順次公開。

最終更新:7月30日(土)19時0分

映画.com