ここから本文です

山本圭壱 被害者女性に土下座謝罪「本当に申し訳なく思っています」

リアルライブ 7月30日(土)21時0分配信

 30日放送のフジテレビ「めちゃ×2イケてるッ! 夏休み宿題スペシャル」に出演し、10年ぶり地上波復帰した極楽とんぼの山本圭壱が、2006年に自身が起こした事件の被害者女性へ土下座謝罪した。

 山本は2006年に未成年淫行事件を起こし、当時所属していた吉本興業を解雇。その後は、サーフィンのインストラクターや肉巻きおにぎり屋で勤務。紆余曲折を経て、昨年1月に東京・下北沢で単独ライブを開催し、芸能活動を再開。また、宮崎サンシャイン FM「極楽とんぼ山本圭壱のいよいよですよ」のパーソナリティーを務めるなど、積極的に活動していた。

 「めちイケ」メンバーと山本は実に3675日ぶりの再会となった。事件以降、自身の気持ちをスタッフやメンバーに伝えてこなかった山本に対し、メンバーたちは10年間溜まった想いをぶつけた。
 
 その中でお笑いコンビ・よゐこの濱口優が「山さん、先方の女性の気持ちとかを考えたことはありますか?」と投げかけた。

 山本は「大変申し訳なく思っています」と謝罪。そして、言葉を慎重に選びながら「どこでなにをされているかは全然わかりませんけど、本当に10年という年月が経ちましたけど」と語り、「申し訳ございませんでした」と土下座して謝罪した。

最終更新:7月30日(土)21時3分

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。