ここから本文です

【ホンダF1】長谷川祐介「いいデータを集めることができた」

TopNews 7月30日(土)15時37分配信

ホンダF1プロジェクト責任者の長谷川祐介が、ホッケンハイムリンクで行われたF1ドイツGP1日目を振り返って次のようにコメントした。

●【マクラーレン・ホンダ】次のエンジン改良は夏休み明けのベルギーGPで登場

■長谷川祐介「初めてのサーキットで大忙し」
「今日のフリー走行はおおかたスムーズなものでした。ジェンソン(バトン)はフリー走行2回目に軽い目の痛みを訴えましたが、幸いなことに大事をとって病院で検査してもらい、異物を取り除いてもらうことができました」

「今日のテストプログラムは、このパワーが重要なサーキットの特性に合うようにパワーユニットとシャシーのセットアップを合わせていくことに集中していました。ホンダとしてはホッケンハイムリンクで走るのは初めてですから、エンジニアたちは両方のセッションでパワーユニットの特性を微調整するのに大忙しでした。しかし、トラブルなく走行できたおかげでかなりの量のデータを蓄積し、その中から必要なものを取り出すことができました」

「いつものように、金曜日は翌日の予選に向けてクルマを準備するために忙しくなります。エンジニアたちが何をもちよってくれるか、楽しみにしているところです」

最終更新:7月30日(土)15時37分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]