ここから本文です

岡山絵里と青木瀬令奈が首位に並ぶ イ・ボミは「9」で急降下

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月30日(土)17時35分配信

◇国内女子◇大東建託・いい部屋ネットレディス 2日目◇鳴沢ゴルフ倶楽部(山梨)◇6587yd(パー72)

髪の色が目まぐるしく変わる20歳・岡山絵里のフォトギャラリー

ともにツアー未勝利の岡山絵里と青木瀬令奈が通算7アンダーで首位に並んだ。1イーグル6バーディ、3ボギーの「67」をマークした岡山は、丸1年前の2015年プロテストに合格した20歳。ツアーでは初めての最終日最終組に入り、23歳の青木らと初勝利をかけてプレーする。

1打差の3位には、岡山とプロテスト合格同期のささきしょうこ、前日首位のジョン・ジェウン、前週優勝のアン・ソンジュ(ともに韓国)の3人が続く。ジョンらと並ぶ初日首位だった金田久美子は通算5アンダーで6位、同じく笠りつ子は通算4アンダーの7位に後退した。

17ホールを終えて通算5アンダーまで伸ばしていた賞金トップのイ・ボミ(韓国)は、最終18番(パー5)で、池に2度落として「9」を叩き、通算1アンダーの24位まで急降下。継続中の連続トップ5(11試合)、連続トップ10(15試合)などの記録更新に黄信号が灯った状態で最終日を迎えることになった。

首痛などのため10週ぶりの国内ツアー出場となった、「リオデジャネイロ五輪」の日本代表・大山志保も24位。主催の大東建託と契約するホステスプロの渡邉彩香は通算2オーバーの45位で辛くも予選を通過した。

一方、前年大会優勝の原江里菜やアマチュアの勝みなみは、通算5オーバーの63位で予選落ちとなった。

<上位の成績>
1T/-7/岡山絵里、青木瀬令奈
3T/-6/ささきしょうこ、アン・ソンジュ、ジョン・ジェウン
6/-5/金田久美子
7/-4/笠りつ子
8T/-3/大城さつき、小橋絵利子、保坂真由、黄アルム、金ソヨン、フェービー・ヤオ

最終更新:7月30日(土)18時10分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]