ここから本文です

ポケモンGOの隠れたルーツ「Field Trip」を知っていますか?

ITmedia PC USER 7月30日(土)6時25分配信

 「ポケモンGO」の人気は衰えません。米企業の業績発表ラッシュとなった今週も、米Appleのティム・クックCEO、米Facebookのマーク・ザッカーバーグCEO、米Googleのスンダー・ピチャイCEOがそれぞれ、業績発表後の電話会見でこのゲームについてコメントするほど盛り上がっています。

 ポケモンGO誕生のきっかけは、Googleが2014年のエイプリルフールネタに発表した「Googleマップポケモンチャレンジ」だったという話は結構有名です。

 それでは、任天堂に話を持ち掛けてポケモンGOの開発を行った米Niantic(ナイアンティック)のジョン・ハンケCEOとはどういう人物で、いつからこの「外を歩き回る+AR(拡張現実)技術」というゲームを作ろうと思ったのでしょうか。

 ハンケさんのLinkedInによると、テキサス大学卒業後、カリフォルニア大学バークリー校でMBAを取ってから、1996年に3DO(松下電器がかつて販売したゲーム機のライセンス供給元!)へ入社し、2年席を置いた後、2つばかり企業を立ち上げました。その2つ目の企業であるKeyholeが2004年にGoogleへ買収されて、Googleの人になったという経緯です。

 このKeyholeという会社は、衛星+航空撮影で集めた画像を地図情報としてデータベース化し、企業や一般ユーザーに販売していました。そうです、これこそがGoogle Earthのオリジナルです。ハンケさんはどうやら、ゲームと地図が好きみたいですね(実はCIAのエージェントなんじゃないかという、Ingressユーザーなら妙に納得するうわさもありますが、どうでしょう)。

 そんなわけで、Google入りしてからもしばらくは、Google Earth、Google Maps、ストリートビューなどを担当する副社長を務めていました。

 Googleでは「こういうことやりたい!」という社内ベンチャーが(少なくとも当時は)奨励されていたので、ハンケさんはARの何かをやりたいと願い出て、2011年に社内ベンチャーのNiantic Labsを立ち上げました。

 Niantic Labsでは2012年11月に、AR対応の位置情報ゲーム「Ingress」をリリースしました。でも実はその数カ月前に、もう1つアプリをリリースしています。

 知る人ぞ知る「Field Trip」です。

 今でもデモ動画にじーんときて記事を書いたのを覚えています(今でも自分の2代前のAndroid端末にこのアプリが入っています)。

 仕事が忙しくてろくに外を歩かないようなちょっと疲れた感じのビジネスマンが、ふと窓の外を見ると、そこには双眼鏡を下げた少年が……。誘われるようにして一緒に街の探検を始めるというストーリーが、デモ動画では流れます。

 このField Tripは、GPSをオンにして街を歩き、登録されている街の名所やショップに近づくとプッシュ通知が表示され、ヘッドフォンをしていればその場所の解説もしてくれるという、当時は画期的なアプリでした(ほとんど話題にならなかったけど)。

 これも当時はめずらしいクラウドソーシングで、ユーザーは自分で名所旧跡を登録できました。ARアプリではないですが、デモ動画の紹介はまるでARです。

 リリース時期からみて、Niantic LabsはField TripとIngressをほぼ同時に開発していたのだと思いますが、Ingressの人気が高まったので、そちらにシフトしちゃったようです。Google Glassと組み合わせれば、これはこれで(Glassともども)もう少し人気が出たかもしれないのに残念でなりません。

 その後、Niantic LabsはGoogleからスピンアウトし、Nianticになりました(Googleは今もNianticに出資しており、ポケモンGOのインフラはGoogleのものだそうです)。

 ハンケさんは最近いろんなところで、「ポケモンGOは人々に街に出て歩いて、人と出会ってほしいから作った」と語っていますが、その思いはField Tripのころから一貫していたんですね。

 ちなみにこのField Trip、2015年5月からアップデートされていませんが、まだGoogle Playからダウンロードできます。久しぶりに起動してみたら、近所のおしゃれ住宅が登録されていました(登録したのは建築家さん)。

 ポケモンGOの「ポケストップ」は今のところ一般ユーザーが登録申請できませんが、Field Tripの「カード」は今でもステップを踏めば登録できるみたいです。

最終更新:7月30日(土)6時25分

ITmedia PC USER