ここから本文です

『ジュラシック・ワールド』続編、2017年早春に撮影スタート!

シネマトゥデイ 7月30日(土)12時40分配信

 世界的大ヒットを記録した映画『ジュラシック・ワールド』の続編の撮影は2017年早春に始めると、プロデューサーのフランク・マーシャルがColliderに語った。

ハラハラ!『ジュラシック・ワールド』本編映像

 『ジュラシック・ワールド』は、1993年に始まった『ジュラシック・パーク』シリーズ第4弾にして14年ぶりの新作。その続編となる本作では、主演のクリス・プラットとブライス・ダラス・ハワードが続投する一方で、前作監督のコリン・トレヴォロウがスティーヴン・スピルバーグと共に製作総指揮に回り、『インポッシブル』のフアン・アントニオ・バヨナが監督に就任している。

 マーシャルは続編の進捗について「今はプリプロダクションの最中だ。実は、フアン・アントニオとプロダクションデザイナーとロンドンで会って、戻って来たばかりなんだ」と説明。「僕らはデザインをしていて、フアン・アントニオはストーリーボードをやっている。来年の早春に撮影を始めるため、みんなプリプロダクションを全力でやっているよ」。

 撮影時期については先日、ファンサイト Jurassic Outpost が2017年2月27日にハワイでクランクインすると伝えていたが、確かにその辺りでの撮影開始となるようだ。全米公開は2018年6月22日を予定している。(編集部・市川遥)

最終更新:7月30日(土)12時40分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。