ここから本文です

ジャガー浅野 ネイマールと対戦に闘志「一緒のピッチに立てるのは幸せ」

デイリースポーツ 7月30日(土)6時59分配信

 リオデジャネイロ五輪に出場するサッカー男子日本代表は28日、ブラジル北東部アラカジュで行っていた直前合宿を打ち上げ、ブラジル代表との強化試合(現地30日)が行われる中部ゴイアニアに入った。リオ五輪世代にとっては、2-3で敗れた11年U-17W杯メキシコ大会以来の再戦となる。

 ブラジル相手にもひるむことはない。FW浅野拓磨(アーセナル)は「負ける気はない。100%チャレンジャーとして臨めるし、失うものはない。力を出し切って、どこまでできるか楽しみ」と不敵に笑った。

 FWネイマールとの対戦に「一緒のピッチに立てるのは幸せ」と喜びを噛みしめる。ブラジルとの対戦経験はなく、相手選手のこともほとんど知らないという。「向こうも僕のことを知らない。ビックリさせるようなプレーができれば」と、自慢の快足で王国の度肝を抜くつもりだ。

 27日の練習試合で2トップを組んだOA枠のFW興梠との連係もさらに磨き上げる。「2人の距離感は悪くなかった。どんどん仕掛けてゴールの部分で貢献したい」。“ジャガー”は静かに爪を研ぐ。

最終更新:7月30日(土)8時27分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。