ここから本文です

同年代対決に勝利した小平が語る1億円への意欲

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 7月30日(土)19時46分配信

国内男子のツアー外競技「ネスレマッチプレーレクサス杯」2日目の3回戦で、小平智と薗田峻輔の26歳同士による対戦が実現。オールスクエアで迎えた18ホール目で小平が2.5mのバーディパットを決めて決着をつけ、ベスト4進出を決めた。

【画像】中田英寿さんも真剣ゴルフ

ジュニア時代からしのぎを削ってきたライバル同士。勝者の小平は、「学生時代からずっと一緒に戦ってきた、プロでは数少ない同い年。お互いに上手くなっていることも確認し合えた。やりづらさもあったけど、楽しかったです」と、貴重な真剣勝負の機会を充実した表情で振り返った。

今大会で設けられた破格の優勝賞金1億円は、若手の海外進出をサポートしたいという主催者の願いがこめられたもの。かねてから海外進出の機会をうかがってきた小平は、今年も米国ツアーか、欧州ツアーへの挑戦を見据えており、「とてもありがたいことだし、ここで優勝して世界に向けて弾みをつけたい」と人一倍のモチベーションにつなげている。

「プレッシャーを経験することも大事。(1億円という)緊張感も味わいたい」。26歳の上昇意欲は、どこまでも貪欲だ。(北海道恵庭市/塚田達也)

最終更新:7月30日(土)19時46分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)