ここから本文です

藤浪勝たせたかった…金本監督“エース変革”へ原口外し鶴岡起用も阪神連勝ストップ

デイリースポーツ 7月30日(土)6時59分配信

 「阪神1-3中日」(29日、甲子園球場)

 猛虎祭りから一転…打線沈黙で連勝は4でストップ。阪神が5位へと転落した。先発の藤浪晋太郎投手(22)は好相性の鶴岡一成捕手(39)と今季初のバッテリー。初回こそ3点を先制されたが、その後は追加点を許さず自己最多タイの13奪三振もマークした。7戦連続白星なし、自己ワースト5連敗とはなったが、復調への兆しは見せた。

 荒々しい雄たけびが復活への合図だ。自信を失いつつあったエースが、ここ一番での粘り強さを取り戻した。

1-3の七回だ。失策から無死二塁を背負うと、久々にギアチェンジを披露する。高橋、堂上を3球勝負で連続三振。振り逃げと四球で満塁とされたが、大島も内角カットボールで空を斬らせ、逆転へ望みをつないだ。

 「落ち着いていましたし、しっかり配球を考えながら投げきることができました。これまで気持ちが先行することが多かったけど、余裕もあったし、次につながると思います」

 7回5安打3失点。7敗目(4勝)こそ喫したが、自己最多タイ13三振をマーク。球数も113球に抑えた。

 「だからこそ、もったいなかった…。今日に関してはあの1球に尽きると思います」

 初回、2死一、二塁から平田に先制3ランを被弾。藤浪は今季9度目の初回失点を悔やんだが、同時に手応えも残る投球だった。

 「バランスも悪くなかったし、いろんな球種を使って、鶴岡さんにうまくリードしてもらいました。今年はあまり使えていなかったけど、緩急もしっかり使えたと思います」

 今季初バッテリーを組んだベテラン鶴岡に導かれた。昨季は21試合で13勝3敗と相性抜群。ゾーンを幅広く使い、多彩な球種を織り交ぜる。外角のボールゾーンからストライクに食い込むバックドアも多投した。イニングを重ねるごとに、藤浪が本来の輝きを取り戻していくようだった。

 藤浪を勝たせたいという思いは、金本監督の采配に表れていた。連勝の立役者原口に代えて鶴岡を起用した意図を聞かれると「藤浪のきっかけに?そうそう。その通り」ときっぱり。五回2死満塁の好機に藤浪に代打を送らず打席に立たせた理由も「上がり調子だったし、普通のピッチャーと違うし」と期待を込めていた。

 「まだ4勝でしょ。期待値からすると…、みんなも同じ意見だと思うけど、まあ立ち直りつつあるのじゃないかなという、手応えは感じたけどね」

 5連勝こそ逃したがようやく光が差した。藤浪も「今日に関してはうまくいった。その感覚をなくさないようにしたい」と新投法に手応えありだ。自己ワーストの7試合白星なし。暗く長いトンネルからも抜け出せそうな予感だ。

最終更新:7月30日(土)8時24分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]