ここから本文です

父親のブガッティ ヴェイロン、13歳少年が全開走行…325km/h出す

レスポンス 7月30日(土)21時0分配信

世界最速、最強、そして最も高価と、3拍子揃ったフランスのスーパーカー、ブガッティ『ヴェイロン』。13歳の少年が、同車を325km/hまで加速させる映像が、ネット上で話題になっている。

[関連写真]

ヴェイロンは、シリーズ最強の「16.4スーパースポーツ」の場合、8.0リットルW16気筒エンジンに、大容量ターボチャージャーや大型インタークーラーなどを追加。最大出力1200ps、最大トルク153kgmという圧倒的パワーを引き出す。

同車は2010年、テストコースにおいて、最高速チャレンジを実施。431.072km/hの最高速を計測し、ギネスブックの量産車世界最高速記録に認定されたのが記憶に新しい。

このヴェイロンが、米国コロラド州で開催されたドラッグレースイベントに登場。クローズドコースにおいて、13歳の少年が、父親が所有するヴェイロンを走行させた。

父親が心配そうに見守る中、325km/hまで加速させる映像は、動画共有サイト経由で見ることができる。



《レスポンス 森脇稔》

最終更新:7月30日(土)21時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。