ここから本文です

過激描写が復活!乃木坂・生駒主演作のアンリミテッド版公開決定!

シネマトゥデイ 7月30日(土)17時44分配信

 人気アイドルグループ乃木坂46の生駒里奈が30日、シネ・リーブル池袋で行われた映画『コープスパーティー Book of Shadows』の初日舞台あいさつに出席し、前作に続き、過激描写を復活させたアンリミテッド版が公開されることを発表した。

セーラー服姿の生駒ちゃん!初日舞台あいさつギャラリー

 本作は、小説、コミック、オリジナルアニメ、ドラマCDなど幅広く展開されているホラーゲームシリーズ「コープスパーティー」の映画化作品の続編。呪いのおまじない“しあわせのサチコさん”のせいで怨霊がはびこる異空間に飛ばされ、多くの仲間を失いながらも何とか生還した直美(生駒)とあゆみ(前田希美)が、死んだ仲間たちを取り戻すべく、再び天神小学校へ舞い戻る。

 生駒のお気に入りのシーンは、あゆみをビンタするところだそう。「モデルさんの顔を傷つけたくなくて。のんちゃんにごめんなさいと言って撮ったのが思い出です」とにっこり。さらに「最初に“しあわせのサチコさん”が出てきて、内蔵がビシャーっとなるシーン。あそこが大好きです」と告白して会場を沸かせると、「皆さん、冒頭でウワーッと思うところだと思いますけど、あそこがいいところだなと思います」と付け加えた。

 そして最後に生駒は「前作に続き、リミットを外したアンリミテッド版が9月10日に公開されます(キネカ大森、ブリリアショートショートシアターほか全国順次公開)」と発表。映画を観たばかりの観客に「監督に聞いたら、血の量が多くなっていたり、ゴキブリだったりがあるらしいので、楽しみにしてください」とアンリミテッド版の見どころを伝えた。

 「でも今回もちょっと足りなかったので、次があったらもっと血だらけにしてほしい」と生駒がさらなる続編をリクエストすると、山田雅史監督も「はい!」と力強くうなずいていた。この日は生駒のほかに池岡亮介、石川恋、JUN、喜多陽子、松浦愛弓、内藤穂之香、石森虹花、青木玄徳、主題歌の今井麻美、原作者の祁答院慎も登壇した。(取材・文:壬生智裕)

映画『コープスパーティー Book of Shadows』は全国順次公開中

最終更新:7月30日(土)17時56分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。