ここから本文です

【全米プロ】連覇狙うデイ3位に浮上、マキロイは予選落ち

東スポWeb 7月30日(土)11時55分配信

【ニュージャージー州スプリングフィールド29日(日本時間30日)発】男子メジャーの今季最終戦「全米プロ」(バルタスロールGC=7428ヤード、パー70)2日目、連覇を狙うジェイソン・デイ(28=オーストラリア)は65で回り、2打差の3位に浮上した。

 デイは大会前に家族が体調を崩したことで練習どころか睡眠も十分でない状態だったが、この日は8番から15番の間に7バーディーを奪う猛チャージで一気にV戦線に浮上してきた。

 2005年に同じバルタスロールで開催された大会を制したフィル・ミケルソン(46=米国)は予選落ちが気になる55位からのスタート。朝イチのティーショットをいきなりOBとしたが、何とかパープレーで予選通過した。

 この2人と同じ組で回ったローリー・マキロイ(27=英国)は69と伸ばしたものの、最終ホールに痛恨のボギーで予選落ちとなってしまった。

最終更新:7月30日(土)11時55分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]