ここから本文です

スカパラ&マルシア、五輪直前のリオで「上を向いて歩こう」披露

音楽ナタリー 7月30日(土)18時45分配信

東京スカパラダイスオーケストラとマルシアが、7月29日(現地時間)にブラジル・リオデジャネイロのVivo Rioで行われた「日本ブラジル共同制作ポップスコンサート『上を向いて歩こう ~Olha pro ceu~』」に出演した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

このイベントは日本、ブラジル間の美術、映像、舞台芸術分野の文化交流事業の一環として7月29、30日の2日間にわたり行われたもの。坂本九「上を向いて歩こう」がコンサートのテーマ曲で、日本からの2組に加え公演にはヴァネッサ・ダ・マタとエミシーダが出演した。

スカパラはエミシーダをゲストに迎え「上を向いて歩こう」をパフォーマンス。イベント終盤に登場したマルシアは美空ひばりの「リンゴ追分」を歌い、スカパラのアレンジ・演奏による「ふりむけばヨコハマ」を初披露した。さらに彼女は坂本九「君が好き」で会場を沸かせると、ポルトガル語で「みなさん、今日は音楽でひとつになりましょう!」と挨拶。ラストにはこのイベントのためにマルシアがポルトガル語に訳した「上を向いて歩こう」が出演者全員によるパフォーマンスで届けられ、約1000人の観客を前に公演は盛況で幕を閉じた。

※「Olha pro ceu」のeは、アキュートアクセント付きが正式表記

最終更新:7月30日(土)18時45分

音楽ナタリー