ここから本文です

征矢がW-1タッグ王座奪取

東スポWeb 7月30日(土)17時8分配信

 W―1タッグチャンピオンシップ(29日、東京・新宿フェイス)は、征矢学(31)、葛西純(41)組が、王者の中之上靖文(30)、岡林裕二(33)組を撃破。第6代王者に輝いた。

 W―1GPを連覇した征矢の勢いは止まらなかった。大日本プロレスの前BJW認定世界ストロングヘビー級王者の岡林にフライングラリアートを命中させると、葛西のゴーグルを拝借してのダイビングボディープレスを中之上に決める。

 まさに“ワイルド劇場”と化した一戦では、中之上に雪崩式ブレーンバスターを狙う葛西を抱え、2人まとめてパワーボムで投げ捨てる驚異の合体技まで披露した。最後は粘る中之上に前後からワイルドボンバー(ラリアート)を浴びせて勝利。「ベルトさん、今日は我々に巻かれたかったんでしょう?」(征矢)と問い掛け、返事はなくても喜びをあらわにした。

 次の目標はビッグマッチとなる8月11日の横浜文化体育館大会だ。同大会で挑むW―1チャンピオンシップ王者のKAI(33)から「俺は自由に、自由に、自由に、このベルトを防衛するぞ」と挑発されると、自信に満ちた表情でにらみ返した。「タッグもシングルも取らなきゃ始まらないんだよ。KAIのベルトも取って、W―1を引っ張るんだ!」。勢いづいたワイルド男が2冠取りへ一直線だ。

最終更新:7月30日(土)17時8分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]