ここから本文です

イチロー無安打であと2のまま スタメン無安打は今季9度目

デイリースポーツ 7月30日(土)11時19分配信

 「マーリンズ6-11カージナルス」(29日、マイアミ)

 マーリンズのイチロー外野手(42)がカージナルス戦に「3番・左翼」で出場したが、4打数無安打に終わり、メジャー通算3000安打まであと2本で足踏みした。イチローは35試合目の先発出場だが、無安打に終わったのは9度目。チームは6-11で敗れた。

 イチローは、カージナルス先発のリークに対し、初回は三直、四回は捕ゴロ、五回は遊ゴロに倒れた。八回は3番手のキーケーファーと対戦したが、3球で空振り三振に仕留められた。

 3試合ぶりのスタメン出場で、3番に入るのは昨年5月10日のジャイアンツ戦以来、約1年2カ月ぶり。日に公表され、スタンドにはイチローのボードを掲げるファンの姿が多くあった。ファンを沸かせたのは四回の守備。1死三塁で飛球を捕ると、素早く本塁に送球。レーザービームで、タッチアップした三塁走者を刺した。しかし打撃では、ファンの期待に応えることはできなかった。

最終更新:7月30日(土)13時3分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。