ここから本文です

ロック・リーも登場の舞台「NARUTO」開幕!ビジュアルポイなど新演出も

コミックナタリー 7月30日(土)19時0分配信

岸本斉史原作による舞台「ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』」が、本日7月30日に大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて幕を開けた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』」は、2015年3月から6月にかけて上演された舞台の、約1年ぶりとなる再演。新キャラクターとしてロック・リーが登場することが、初演と大きく異なる点だ。演じるのはミュージカル「テニスの王子様」3rdシーズンにて聖ルドルフ・木更津淳役を演じ、秋からの「舞台『弱虫ペダル』~箱根学園新世代、始動~」にて新たに東堂尽八役に抜擢された佐藤祐吾。2幕冒頭でのナルトが寝坊するシーンには新たにロック・リーも加わり、舞台の左右で対照的な演技が繰り広げられた。もちろんリー特有の“自分ルール”を課した特訓のシーンも。さらに戦いのシーンでは、体術を駆使した殺陣を披露する。

「ライブ・スペクタクル」と冠されたこの舞台の最大の特徴は、数々の特殊演出。ダンスやアクロバット、殺陣、マイムに加えて、新たにビジュアルポイが採用された。ポイとはジャグリングの一種で、紐の片端に重りがついた道具を回して演技をするというもの。ポイにはLEDが仕込まれており、平行に回転させることで映像を見せることができる。この演出は、サスケの風魔手裏剣、白の魔鏡氷昌などに使用されている。

またナルトが使う影分身の術を表現したLEDダンスも健在。影分身たちが客席通路に降りてくるため、鑑賞する席によってはあたかも影分身たちが自分を取り囲んでいるかのような気分になれる。そのほかプロジェクションマッピングやエアリアル、トランポリンを使った演出なども、初演から引き続き採用。さらに振付を手がけたやまだしげきは、大蛇丸の化身としても出演する。

ゲネプロ前には、うずまきナルト役の松岡広大、うちはサスケ役の佐藤流司、ロック・リー役の佐藤祐吾がコミックナタリーの取材に応じた。松岡は初演と再演の違いを「目に見えるポイントもあるんですけど、役者1人ひとりの気持ちは確実に違います。より深みのある芝居にしていけたら」と語る。また佐藤流司は「自分のサスケとしていろんなことにチャレンジしましたし、新たなパフォーマンスもありますけど、なんといっても今回は新キャラがいますから。そこは初演を見たお客さんでも目に見えて違うところですね」と話し、「うまく振っといたから」と佐藤祐吾を見やる。

それを受け佐藤祐吾は「リーは最初から好きで。周りとはやっぱり違うところにいて、違う努力の仕方とかもしてるので」と、自身が演じるキャラクターへの愛情を語り、「周りのみんなは忍術でアピールしますけど、僕は殺陣をつけてもらったので、そこに注目してほしいです」とアクションについて言及する。殺陣を付けたのは、ファイティングコーディネーターとしてもクレジットされている、イルカ先生役の市瀬秀和。アクションはほぼ初体験だという佐藤祐吾は「市瀬さんがつけるアクションはその人の特技や、できる最大限のパフォーマンスを組み込んでくれていて、なおかつ何十公演もあるから安全も考えてくれて。役者1人ひとりに合ったパフォーマンスを殺陣にしてくれているので、そこも見てほしいです」と話した。またブレイクダンスをしていたという佐藤祐吾は「『こんな技が出来ます』とやってみせたら殺陣に組み込んでくれた。やっといてよかったです」とうれしそうに語った。

再演からの参加となる佐藤祐吾に対し、佐藤流司は「リーは冒頭でウケを狙えるシーンがあるから、欲しがらないように」とアドバイス。これには松岡も「的確だね(笑)」と笑い、佐藤祐吾も「欲張らず(笑)」と頷いた。また松岡は「体をハードに使う演目なので、ヤバくなったら言ってください」と優しい言葉をかける。

見どころのシーンについて佐藤流司は「ラストの立ち回り」とナルトとサスケが終末の谷で戦うシーンを挙げる。「そこの立ち回りに関しては、市瀬さんが、ぶっ壊して、イチから俺らのやりたいよう、俺らの動きやすいように作ってくれた。初演とは全く違いますね」と明かす。さらに松岡は「キャラクターが一気に集まって、サスケを連れ戻す大バトルがあるんですけど、そこの立ち回りはトランポリンも使いますし、バク宙とかいろんなアクロバットもあるので、見応えと疾走感と緊張感があると思います」、佐藤祐吾は「『ライブ・スペクタクル』という名前の通り、パントマイムとかもあったりアクションもあったり、演出が面白いので、そこを見てほしいです。ほかの舞台じゃ見られない演出もたくさんあって楽しいと思います」と述べた。

「ライブ・スペクタクル『NARUTO-ナルト-』」は、8月7日まで大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて、8月13日から28日まで東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演されたのち、10月から12月には、上海、杭州、北京、長沙、広州、深センの中国6都市でキャストを替えたワールドツアー公演を行う。

児玉明子(脚本・演出)コメント
まずは昨年上演させて頂いた公演を、またこうして再演する機会を頂けた事に、深く感謝しております。そして幸いな事に多くのキャストやスタッフが続投なのですが、それに新しいメンバーが加わることにより、よりフレッシュなカンパニーになりました。私自身は舞台を再演する経験は余りないのですが、特にこのライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」は、昨年国内だけでなく海外公演もあったりと上演回数が多かったため、役者たちのキャラクター作りがより重厚に深まっております。これこそが映像ではない、演劇というライブならではのコンテンツの醍醐味であり、より見応えのある舞台を、前回ご観劇頂いたお客様にもお届けできるのではないか……と信じております。そんなナルト君たちの成長を、是非劇場で体感して下さい!

松岡広大(うずまきナルト役)コメント
再演を行うにあたり、パワーアップをしなければいけないと思っていたのですが、1年経ち、カンパニー全体も成長したと思っています。キャスト、スタッフの皆さんを信じてやっていくことでいいものができると思いました。初日を迎えますが、初めてお客様にお披露目する瞬間なので、初演と変わらず丁寧にアピールしていきたいです。『NARUTO-ナルト-』への作品愛を持ち、テーマとしている人間愛である絆や、友情を、初めて観る方にも伝わるように演じたいと思います。

佐藤流司(うちはサスケ役)コメント
ここからまた新たな木ノ葉隠れの里の日々が始まります。自分自身、観に来てくださる方々と同じくらいこの日を楽しみに待っておりました。初演から1年近く経ち、演じる人たちの感性や考え方、体力は変われど原作である『NARUTO-ナルト-』の世界観は変わりません。それを間違えることなく紡いで3次元にしてお見せするのが我々の仕事だと思います。お楽しみに。

伊藤優衣(春野サクラ役)コメント
またこの『NARUTO-ナルト-』の作品に関われる事、とても嬉しく思います。今年から新しいキャラクターやメンバーも加わり、また新鮮な気持ちでカンパニー一同取り組んでいます。そして去年よりパワーアップしたい気持ちをもつ再演ならではの楽しさと難しさがある事を、日々稽古をしながら個人的に感じてきました。初日、とてもとても緊張しますが一緒に楽しんで頂けたら嬉しいです。木ノ葉隠れの里でお待ちしております!

須賀健太(我愛羅役)コメント
ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」いよいよ本日開幕!再演の魅力であるパワーアップが随所に見られる今回の作品を35公演、カンパニー全員で駆け抜けたいと思います。「ライブ・スペクタクルとはなんだ?」とお思いの皆様!ライブ・スペクタクルとは……言葉で説明するのがとても難しいのです...だからこそぜひ皆様の目で、耳でライブ・スペクタクルを体感して頂けたらと思います!僕たちの”再炎”をぜひお楽しみください。木ノ葉隠れの里でお待ちしております。

悠未ひろ(大蛇丸役)コメント
再演という事で同じ作品に挑み、再び大蛇丸という役に向かえる事、役者として勉強になりますし、役を深めていく作業に喜びを感じています。新しいキャストも加わった事や、1年を経てそれぞれが成長した部分で、また新しい作品に生まれ変わった今回のライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」を、お客様に楽しんで頂けるように魂を込めてお届けする事だけだと思っています。劇場いっぱいに広がる『NARUTO-ナルト-』の世界とエネルギーを感じて頂けたら嬉しいです。

ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」
大阪公演
期間:2016年7月30日(土)~8月7日(日) 会場:梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

東京公演
期間:2016年8月13日(土)~28日(日)会場:AiiA 2.5 Theater Tokyo

原作:「NARUTO-ナルト-」岸本斉史(集英社 ジャンプコミックス刊)脚本・演出:児玉明子

キャスト
うずまきナルト:松岡広大うちはサスケ:佐藤流司春野サクラ:伊藤優衣我愛羅:須賀健太はたけカカシ:君沢ユウキ三代目火影:平川和宏うみのイルカ:市瀬秀和薬師カブト:木村達成桃地再不斬:内田朝陽白:今村美歩山中いの:藤木かおる 奈良シカマル:小林辰也秋道チョウジ:加藤諒犬塚キバ:飯山裕太油女シノ:植田慎一郎日向ヒナタ:高橋紗妃ロック・リー:佐藤祐吾大蛇丸の化身:やまだしげき自来也:梅垣義明大蛇丸:悠未ひろほか

(c)岸本斉史 スコット/集英社 (c)ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」製作委員会2016

最終更新:7月31日(日)23時15分

コミックナタリー