ここから本文です

WEAVER「うどんの国の金色毛鞠」OP主題歌歌う

音楽ナタリー 7月30日(土)20時0分配信

10月より日本テレビ、西日本放送ほかでオンエアされるテレビアニメ「うどんの国の金色毛鞠」のオープニング主題歌を、WEAVERが担当することが発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

篠丸のどか原作によるこのアニメは、“うどん県”とも呼ばれる香川県を舞台にした作品。父親の死に際し生まれ故郷へ帰った主人公・俵 宗太が人間の子供の姿に化けたタヌキのポコと出会い、ポコや周囲の人たちとの生活を通じて成長していく姿を描く。

楽曲の詳細については後日アナウンスされる。WEAVERはオープニング主題歌決定に「WEAVERの音楽でこの作品をより色彩豊かなものにし、皆さんに『うどんの国の金色毛鞠』の世界を存分に楽しんでもらえれば幸いです」とコメントしている。

WEAVER コメント
この秋、「うどんの国の金色毛鞠」のオープニングテーマをWEAVERが担当させていただくことになり大変嬉しく思います。このお話を頂いた次の日早速原作を手にし、香川を舞台に主人公宗太とポコを中心に繰り広げられるぬくもり溢れる世界観に、読み終えた後とても温かく心が浄化された気持ちになりました。そんなこの作品の登場人物たちの、意識せずとも互いが互いの支えになり暮らしていく姿からインスピレーションを受けて作りました。WEAVERの音楽でこの作品をより色彩豊かなものにし、皆さんに「うどんの国の金色毛鞠」の世界を存分に楽しんでもらえれば幸いです。

最終更新:7月30日(土)20時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。