ここから本文です

駿河太郎、初主演作に自信「海外でも勝負できる」

デイリースポーツ 7月30日(土)13時26分配信

 俳優・駿河太郎(38)が30日、都内で初主演映画「夢二~愛のとばしり」の初日舞台あいさつを共演の小宮有紗(22)、黒谷友香(40)らと行った。

 画家・竹久夢二の愛憎に満ちた人生を描いた作品で、駿河は「この映画にはエンターテインメント性ないと思いますが、日本映画として海外でも勝負できると思います」と作品の出来に自信をみせた。

 駿河は初主演に関して「実在の人物を現代の僕が演じるのは難しかった。役に集中できるようスタッフに助けられました」という。宮野監督は駿河を起用した理由を「満たされないいらだちを内心に秘めている印象があった。それが起爆剤になってくれるんじゃないかと…」と説明した。

 妻・たまきを演じた黒谷は駿河と現場でほとんど会話することがなかったといい「現場はつらかったです」と打ち明けると、同じ関西人らしく、駿河が「めっちゃしゃべりたかったでしょう」となぐさめていた。

最終更新:7月30日(土)14時1分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。