ここから本文です

乃木坂46生駒「もっと血だらけにして」主演作公開初日にリクエスト

音楽ナタリー 7月30日(土)23時28分配信

乃木坂46の生駒里奈が本日7月30日に東京・シネ・リーブル池袋で行われた主演映画「コープスパーティー Book of Shadows」の公開初日舞台挨拶に参加した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「コープスパーティー Book of Shadows」は、2015年に公開された「コープスパーティー」の半年後を描いた作品。生駒演じる中嶋直美と前田希美が扮する篠崎あゆみが悲劇の舞台となった小学校へ戻り、死んだ友達を取り戻そうとする姿が描かれる。挨拶には、本作から作品に登場する篠崎ひのえ役の欅坂46・石森虹花も登壇した。

生駒は「途中『うわー!!』って思った方も多いと思いますが、席を立つことなく観てくださって、ありがとうございます」と観客に感謝を伝える。お気に入りのシーンについて聞かれると、あゆみをビンタするシーンを挙げ「モデルさんの顔を傷つけたくなくって、のんちゃん(前田)に『ごめんなさい』って言いながら撮ったのが思い出なんです」と語った。また、石森は同じ質問に「ゾンビみたいなのがいっぱいいるところで、私が呪文を唱えた途端にそれが消えるシーンですごいと思いました。最後に生駒さんが本に手をかざしたときに、文字が動き出す場面にも感動しました」と答えた。

イベントの終盤には、編集時にカットになった過激なシーンを収めた同作の“アンリミテッド版”「コープスパーティー Book of Shadows アンリミテッド版」が9月10日より公開されることが発表となった。最後に生駒は「私は血だらけになりたかったんですけど、まだまだ足りなかったので……。また次があったらもっと血だらけにしてほしい」と山田雅史監督にリクエスト。「皆さんに『この夏一番怖かった』と言っていただけるようなものに成長できていたらと思います!」と客席に語りかけて、挨拶を結んだ。

最終更新:7月30日(土)23時28分

音楽ナタリー