ここから本文です

履正社が桜宮を圧倒し決勝進出 7試合中6試合がコールド勝ち

デイリースポーツ 7月30日(土)15時14分配信

 「高校野球大阪大会・準決勝、履正社11-1桜宮」(30日、舞洲ベースボールスタジアム)

 投打とも充実の履正社が、桜宮を六回コールドで圧倒、この日を含めこれで7試合中6試合をコールド勝ちで、決勝にコマを進めた。

 1点リードの二回、1死一、二塁から8番・若林健治内野手(3年)の左中間二塁打で2点を加えると、三回には4番・安田尚憲内野手(2年)、6番・若林将平外野手(3年)の適時二塁打で加点。

 四回にも打者9人を送る猛攻で得点を2桁に乗せた。

 先発は控えながらプロ注目の左腕・山口裕次郎投手(3年)。序盤こそ桜宮打線に合わせてこられたが、点差が開いて以降はテンポ良くアウトを重ね、6回1失点。最後は自らのバットで六回裏2死一、二塁から右越え適時打を放ち、コールド勝ちとした。

最終更新:7月30日(土)15時55分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]