ここから本文です

海老蔵 早朝から2児に読み聞かせ 朝食、お遊戯と多忙なパパ

デイリースポーツ 7月30日(土)15時34分配信

 歌舞伎俳優の市川海老蔵が30日、2人の子供に早朝から読み聞かせをしたり、外に遊びに連れ出したりと、パパとして充実の1日を過ごしている。ブログのコメント欄には、海老蔵の読み聞かせに感心の声が寄せられている。

 午前6時半すぎ、「おはようございます」とこの日最初のブログをアップした海老蔵。セミの鳴き声で目覚め、8月の舞台の予習以外は仕事がなかったことから子供たちとめいっぱいコミュニケーションをとっている。

 「朝絵本」のタイトルで更新された午前6時49分のブログでは、勸玄君のリクエストで絵本「うみまでいけるかな?」を、長女・麗禾ちゃんの希望で「みずたまり」を読み聞かせしたことを報告している。

 その後は「二人の許可」をもらって、一人でジムへ。風呂に入り、一泳ぎし、急いで帰宅。自らの運転で子供たちを連れて、外で朝食を楽しんだ。

 舞台やテレビの仕事がある時も、子供たちと散歩に出かけたり、公園で遊んだりと、大忙しの海老蔵。つかの間の“1人時間”については「自分の時間も大切にしたいと思いまーす笑 すまぬ麗禾かんげん でもなる早で気分転換と思ってます!」とつづっていた。

 朝食後は、お遊戯コーナーで子供たちと遊び、トレードマークのビーサン(ビーチサンダル)姿でバスケットをする様子もアップされている。

 久々のオフだった7月27日には子供たちとディズニーランドへ。長男・勸玄君は興奮のあまり、帰宅後の夜、鼻血を出してしまったことをブログで明かしている。

最終更新:7月30日(土)22時51分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。