ここから本文です

ソフトバンク・松田が先制打 六回に均衡破る

デイリースポーツ 7月30日(土)19時54分配信

 「日本ハム-ソフトバンク」(30日、札幌ドーム)

 ソフトバンク打線が両軍無得点で迎えた六回、日本ハム先発の高梨を捕まえた。

 先頭の1番・明石が左前打で出塁すると、今宮が犠打バントで送って1死二塁。続く柳田はインコースの直球が右腰付近を直撃する死球。マウンドの高梨に声を荒らげ、怒りをあらわにしたが、そのまま一塁へ。

 吉井投手コーチがマウンドへと駆け寄ったが、高梨は動揺もあったのか、内川に右前打を許して1死満塁とピンチを広げた。

 ここで迎えたのは、松田。松田は2ボール1ストライクからの147キロ直球を左前へはじき返して、1点を先制。ここまで散発3安打に抑えられていた高梨からこの回だけで3安打を集中して、マウンドから引きずり下ろした。

 なおも1死満塁で、代わった左腕石井から中村晃の内野ゴロの間に1点を加え、五回を終えて1安打無失点投球の千賀を援護した。

最終更新:7月30日(土)20時13分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]