ここから本文です

広島・黒田が梶谷、筒香に連続被弾 6回5失点で降板

デイリースポーツ 7月30日(土)20時52分配信

 「広島-DeNA」(30日、マツダスタジアム)

 広島の黒田博樹投手が6回102球を投げ、5安打5失点でマウンドを降りた。

 0-0の二回無死。一ゴロに打ち取った倉本の打球をルナがファンブル。一塁へベースカバーに入った際、倉本と交錯しグラウンドに倒れ込んだ。治療を受け、この回を無失点で切り抜けたが、四回につかまった。

 2者連続四球から無死一、二塁とすると、ロペスに左翼線を破られる適時二塁打で先制点を献上。さらに倉本の中前適時打で失点し、戸柱には初球スクイズを決められ、この回3点を失った。

 1-3で迎えた五回には梶谷、筒香に2者連続本塁打を被弾。リードを4点に広げられ、六回の打席で代打を送られた。日米通算201勝目は、お預けになった。

最終更新:7月30日(土)21時15分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。