ここから本文です

阪神・福留が史上最年長サイクル達成 メッセが9勝目

デイリースポーツ 7月30日(土)21時28分配信

 「阪神8-2中日」(30日、甲子園球場)

 阪神・福留がプロ野球史上64人目(69回目)のサイクル安打を達成するなど、打線が13安打8点を奪い、4位タイに浮上した。

 中日時代の03年6月8日の広島戦以来、自身2度目の快挙を達成した福留は、「これだけのお客さんの前で最高の気分です。球場全体の雰囲気すごかった」とコメント。

 39歳でのサイクルは史上最年長。阪神では、桧山が03年7月2日・中日戦(甲子園)で達成して以来13年ぶりで、球団史上5人目(6回目)の達成となった。

 打線は二回、福留が右越えに先制の5号ソロ。四回には福留の中前打を足がかりに2死一、二塁とし、北條が右前適時打。五回には高山が右越えに甲子園初本塁打となる3号ソロ。さらに福留の適時三塁打などで2点。六回2死満塁では、福留が自身2度目のサイクル安打となる3点適時二塁打を放った。

 メッセンジャーは7回2失点の粘投で、2年ぶりの2桁勝利に王手をかける9勝目を挙げた。

最終更新:7月30日(土)23時42分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]