ここから本文です

日本ハム・矢野がサヨナラ死球 首位ソフトバンクと4ゲーム差

デイリースポーツ 7月30日(土)22時0分配信

 「日本ハム3-2ソフトバンク」(30日、札幌ドーム)

 日本ハムが九回2死満塁から、代打の矢野が押し出し死球で今季6度目のサヨナラ勝ち。首位・ソフトバンクとの差を4ゲームに縮めた。

 九回、1死走者なしから登板したソフトバンクの五十嵐に対して、中田が四球で出塁。2死からレアードも四球を選ぶと、岡が遊撃内野安打を放ち、満塁とし、矢野が1ボール2ストライクからの死球で決勝点を奪った。

 岡は2点を追う七回2死二、三塁で、同点の左前2点適時打を放つなど、打撃で存在感を示した。

 “殊勲”の矢野は「体張りました。痛いです。ベンチ見たら、みんな笑っていて」と左肘をさすりながらお立ち台で苦笑いを浮かべていた。

 先発した高梨は5回1/3を6安打2失点で降板も、中継ぎ陣が無失点で踏ん張り、勝利を呼び込んだ。

 ソフトバンクは先発千賀が六回まで無失点も、七回に捕まり、7回3安打2失点も9勝目はお預け。五十嵐の乱調が誤算だった。

最終更新:7月30日(土)22時8分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]