ここから本文です

『めちゃイケ』山本圭壱と10年ぶり再会SP 視聴率11.9%

オリコン 8月1日(月)10時19分配信

 7月30日にフジテレビ系で放送された『めちゃ×2イケてるッ! 夏休み宿題スペシャル』(後6:30~8:54)の番組平均視聴率が11.9%だったことが8月1日、わかった(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。この日は、極楽とんぼ・加藤浩次の相方・山本圭壱が、2006年7月に自身が起こした淫行騒動以来、10年ぶりに同番組に出演。地上波のテレビ番組に復帰したことで話題になった。

【写真】若かりし頃…「極楽とんぼ」時代の懐かし2ショット

 今回の山本の出演について、番組では「10年前に事件の当事者間の和解も済み、逮捕もなく不起訴処分だったことに加え、本人が10年間の謹慎という社会的制裁を受けていると判断した」とテロップを流して、放送に至った経緯を説明。また、10年間の空白期間を考慮して、番組内では山本がレギュラー出演していた当時を知らない人向けに、騒動を起こす前の映像で芸風の紹介コーナーも設けられた。

 10年前、番組から突然姿を消し、加藤やナインティナインなど同番組レギュラー出演者やスタッフに迷惑をかけたにも関わらず、今回の出演オファーを受け、指定された場所に山本が笑顔で現れ、岡村隆史が「迷惑かけた人に強がりいらない、頭を下げて謝るべき」と半ギレする場面も。よゐこの濱口優が「被害者の女性の気持ち」に触れてはじめて、山本は土下座して謝罪した。

 加藤は「2人でカメラに写ってどういう気持ちだ?」、「当たり前じゃねぇからな、この状況! いつか『めちゃイケ!』が番組にしてくれて、番組に戻れる? そんなことねぇからな! 世間から何も受け入れられてない人間がテレビなんかに出れねぇんだよ!」などと10年分の思いを熱くぶつけ、コンビで土下座謝罪。最後には極楽とんぼとしての全国ライブツアー計画を明かしたが、番組へのレギュラー復帰はなかった。

最終更新:8月1日(月)10時23分

オリコン