ここから本文です

【NBA】スパーズ、元オールスターD.リーと2年契約へ 熱烈勧誘が決め手に

ISM 7月30日(土)16時1分配信

 現地29日、サンアントニオ・スパーズが、このオフにダラス・マーベリックスからフリーエージェントとなった元オールスターのデイビッド・リーと総額320万ドル(約3億3,000万円)の2年契約で合意したことが分かった。

 これは米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』のウェブサイトがリーの代理人であるマーク・バーテルスタイン氏の話として伝えたもので、契約2年目についてはプレーヤーオプションになっているという。

 同サイトによると、リーは複数のチームからオファーを受け、より好条件なものもあったとのことだが、スパーズのグレッグ・ポポビッチHCとRC・ビュフォードGMからの熱烈な勧誘が契約合意への決め手となったようだ。

 33歳のフォワード兼センターは、2015年にゴールデンステイト・ウォリアーズでリーグ制覇を経験すると、その後のオフにボストン・セルティックスへトレード移籍した。昨季はセルティックスとマブスで55試合に出場し、平均7.8得点、5.5リバウンドをマーク。キャリア11年間で平均14.2得点、9.2リバウンドの通算成績を残しており、オールスターには2度選出されている。

最終更新:7月30日(土)16時1分

ISM