ここから本文です

【GOLF】美香、野村が15位タイで決勝Rへ 藍、上田は予選突破ならず

ISM 7月30日(土)4時48分配信

 海外女子メジャーの今季第4戦、第40回全英リコー女子オープンが現地時間29日、英国のウォーバーンG&CCで第2ラウンドの競技を終了。宮里美香と野村敏京が通算4アンダー15位タイで予選ラウンドを突破した。

 初日に「69」をマークし11位タイから出た美香は、出だしの1番でバーディを奪うも、その後は11ホールにわたってパープレー。12番でスコアを伸ばした後の14番パー3ではボギーを喫し、2バーディ、1ボギーの1アンダー71でホールアウトとなった。

 一方、46位タイからスタートした野村は、3番までに2つスコアを伸ばすと7番パー5ではイーグルを奪取。その後は2バーディ、2ボギーで回り、トータル1イーグル、4バーディ、2ボギーの4アンダー「68」。ともにムービングサタデーでさらなる上位進出を目指す。

 初日70位タイの西山ゆかりは、6バーディ、3ボギーの3アンダー69で通算2アンダー33位タイに浮上。46位タイから出た鈴木愛は、前半で2つボギーが先行するなど、1オーバー73とスコアを落としたものの、通算1オーバー63位タイで決勝ラウンドにコマを進めている。

 横峯さくらは、2バーディ、2ボギーのイーブンパー72とスコアを伸ばすことが出来ず、通算2オーバー76位タイでカットラインに1打及ばず予選落ち。107位タイからの巻き返しを狙った上田桃子は、10番から3連続ボギーを叩くなど1オーバー73で回り、通算4オーバー105位タイ。宮里藍は1バーディ、2ボギー、1ダブルボギーの3オーバー75で通算4オーバー105位タイ、柏原明日架は4オーバー76の通算8オーバー132位タイで、それぞれ大会を後にしている。

最終更新:7月30日(土)5時2分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]