ここから本文です

【GOLF】J.ウォーカーが首位をキープ J.デイは2打差3位タイに浮上

ISM 7月30日(土)9時25分配信

 今季メジャー最終戦、全米プロゴルフ選手権が現地時間29日、ニュージャージー州のバルタスロールGCで第2ラウンドの競技を終了。初日首位のジミー・ウォーカー(米)が4アンダー66で回り、通算9アンダーでリーダーボードのトップを守った。

 メジャー初優勝に向けて初日に好発進を切ったウォーカーは、前半、5番、8番でスコアを伸ばし、2アンダーでハーフターン。安定したプレーは後半も続き、12番から3連続バーディを奪い、最終18番でスコアを落とすものの、5バーディ、1ボギーの内容で2日目を終えた。

 この日好調なプレーを見せたのは「63」をマークしたロバート・ストレブ(米)。9位タイからスタートしたストレブは8バーディ、1ボギーでこの日のベストスコアとなり、通算9アンダーでウォーカーと並んで首位タイに浮上した。

 2打差の3位タイには世界王者のジェイソン・デイ(豪)とエミリアーノ・グリーヨ(アルゼンチン)。メジャー2連勝を狙うヘンリック・ステンソン(スウェーデン)は3アンダー67で回り、通算6オーバーで単独5位となっている。以下、2010年王者のマーティン・カイマー(独)はパトリック・リード(米)、ブルックス・ケプカ(米)と並んで通算5アンダーの6位タイとなり、松山英樹やリッキー・ファウラー(米)、ハリス・イングリッシュ(米)らは通算4アンダーの9位タイとなった。

 一方、優勝候補で大会2勝を誇るローリー・マキロイ(北アイルランド)は通算3オーバーの87位タイ、今季メジャー1勝のダスティン・ジョンソン(米)は通算9オーバーの142位タイでともに予選落ちとなっている。

最終更新:7月30日(土)10時39分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。