ここから本文です

【GOLF】S.スププラマイ、T.ピカダリスがトップタイに 竹安が決勝R進出

ISM 7月30日(土)10時48分配信

 欧州ツアー&アジアンツアー共催のキングスカップ presented by PTT Groupが現地時間29日、タイのフェニックス・ゴールドGCで第2ラウンドの競技を終了。サタヤ・スププラマイ(タイ)とテリー・ピカダリス(豪)が通算7アンダーでトップタイに並び、週末へ向かうこととなった。

 初日に「63」を叩き出したスププラマイは、前半で1バーディ、3ボギーと苦戦。しかし、後半はノーボギーの2アンダーと巻き返し、3バーディ、3ボギーのイーブンパー70にまとめた。一方、5位から出たピカダリスは、ノーボギーの3アンダー67と安定したプレーを披露。ともに欧州ツアー初制覇を目指し、残り36ホールに挑む。

 トップと1打差の3位タイにはJ.B.ハンセン(デンマーク)。通算5アンダー4位タイには、ジャコ・アレス(南ア)、リン・ウェンタン(台)らがつけている。日本勢では竹安俊也が、連日のイーブンパー70で回り、通算イーブンパー51位タイで決勝ラウンドに進出。高橋賢は4オーバー74と崩れ、通算6オーバー125位タイで予選突破はならなかった。

最終更新:7月30日(土)10時49分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]