ここから本文です

内戦のシリアでポケモンGOをしたら 難民アーティストが重ねた日常と死

BuzzFeed Japan 7/30(土) 6:00配信

5年に及ぶ内戦で傷つくシリア。そこでポケモンGOをやったら、どんな光景が見えるのか。

空爆直後の街を一人で歩く子どもを見つめる、悲しげなピカチュウ。

シリア人アーティストのハリド・アキルさんの作品だ。タイトルは「POKEMON GO IN SYRIA - PART 1」。

祖国の内戦を撮った写真にポケモンを重ね、何を訴えようとしているのか。
【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

「ポケモンを通じて、祖国で起きていることに光を当てたい。それが唯一の思いです」。現在、トルコにいるハリドさんは、BuzzFeed Newsにそう語った。

シリア北部アレッポ出身。2012年、個展のためにトルコに来て以来、内戦の故郷に帰れていない。いまは妻とイスタンブールに暮らす。

アレッポは、古代都市とも呼ばれる歴史ある街。世界遺産の城や市場は、めちゃくちゃに壊された。激しい戦闘は、いまも続く。

「ゲームに熱中する人たちがいる一方、戦争に苦しむ人たちもいる」。そんな現実が、作品のきっかけになったという。

ポケモンGOが世界で話題になったことと、シリアの内戦が、ニュースで同列に報じられたことに、違和感を覚えた。

「そこで思いついたんです。2つの世界を混ぜてしまおうと。ポケモンGOをシリアでやったらどう見えるのか、想像してもらおうと」

犠牲者の多くは、市民だ。死者は推定47万人、480万人以上が国外に避難した。内戦前の人口の20%を超える。

収まる気配はない。7月27日にもクルド人都市で自爆テロが起き、少なくとも44人が死亡した。

ハリドさんの作品は注目を集め、ネットで拡散した。「思いがけず日本にまで作品が届き、嬉しいです。いつか東京でも展覧会を開いてみたい」と話す。

日本でシリア内戦に興味がある人は、多くはない。私がそう伝えると、ハリドさんは言った。

「中東と日本が、もっとアイデアを交換できれば良い。そうすれば、互いの理解を深めることも、オープンになることもできるはず。だからこそ、作品を展示してみたいんです」

作品の題名には「PART 1」とある。

「少しでも早く戦争が終わってほしい」とハリドさんは願う。

内戦が続く限り、ハリドさんは「シリアのポケモンGO」を作り続けるのかもしれない。世界に惨状を伝えるために。早く作品が完結することを祈りながら。

最終更新:7/30(土) 6:00

BuzzFeed Japan

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。