ここから本文です

動物園の夜を体験、関西のナイトズー

Lmaga.jp 7月30日(土)7時0分配信

ひと味違う夜の動物の表情を観察できるのが魅力

閉園後の夜の動物の生態を覗ける「ナイトZOO」がこの夏、関西各地の動物園で開催される。昼間は寝てばかりいるカンガルーやナマケモノの元気な姿や、獲物に食らいつく百獣の王ライオンなど、ひと味違う夜の動物の表情を観察できるのが魅力。涼しい園内を気ままに歩くだけでなく、アニマルインストラクターとともに車に乗り込み、本格的な夜のサファリワールドを体感できる動物園も。夏休みは一日かけて、動物園の昼の顔と夜の顔を見比べてみるのもオススメだ。

みさき公園『ナイトズー』(大阪府泉南郡)

普段寝ていることがほとんどのナマケモノが木をつたって移動する「スカイウォーク」はみさき公園ナイトズー名物。飼育員による動物たちの夜の生態解説は一聞の価値あり。メモリアル広場ではイルミネーションも楽しめる。

期間:2016年7月30日、8月6日・20日・27日、9月3日・18日
時間:7/30・8/6=19:00~、8/20=18:45~、8/27・9/3=18:30~、9/18=18:00~(それぞれ1時間半で終了)

アドベンチャーワールド『ナイトアドベンチャー』(和歌山県西牟婁郡)

スペシャルガイドツアー「StarTour~NightLive Safari~」は1日1便のため要予約。園内を歩いて回れるのはもちろん、アルパカやリスザルなどとふれあうことも。ビッグオーシャンエリアでは、幻想的なイルカのショーも開催される。

期間:2016年7月29日(金)~8月31日(水)
時間:~20:30まで

ワールド牧場『ナイター営業』(大阪府南河内郡)

大阪の街を一望できる牧場で、夜景を見ながらヤギやヒツジ、イヌ、ネコなどの動物と触れあえる。18時以降の入園は無料(8月1日は除く)で、手ぶらで行って気軽にバーベキューが楽しめるのもうれしい。

期間:2016年7月16日(土)~8月31日(水)
時間:~21:00まで(ふれあい広場は20:00まで)

京都市動物園『夏の夜間開園』(京都府京都市)

春にも行われた夜間開園が夏にも。ライトアップされた園内で、ホンドフクロウやムササビといった夜行性の動物が日中とは違う姿を見せる。園内の観覧車が夜間も運航されるほか、11日・12日には、京都市交響楽団のメンバーによるミニサマーコンサートも。

期間:2016年8月11日(木・祝)~14日(日)
時間:~20:00まで

1/2ページ

最終更新:7月30日(土)7時0分

Lmaga.jp