ここから本文です

宮間ら4選手退団騒動で引責 岡山湯郷ベルの黒田GMが辞職届

山陽新聞デジタル 7月30日(土)8時10分配信

 サッカー女子なでしこリーグ1部・岡山湯郷ベルの黒田和則ゼネラルマネジャー(GM)がチームを運営する一般社団法人に対し、辞職届を提出していたことが29日分かった。

 辞職届は27日付。同法人の副会長宛てで、「一身上の都合」によりGMや会長など全ての役職を31日で辞職するとしている。法人側は対応を協議している。

 チームは現在、日本代表でも活躍したMF宮間あや(31)とGK福元美穂(32)ら4選手の退団騒動で揺れている。黒田氏は取材に「辞職という形で今回の混乱を招いた責任を取りたい」と話した。

 黒田氏は旧美作町職員時代からチーム発足に尽力し、2001年12月にチーム運営を担うGMに就任。現在は同法人会長や日本女子サッカーリーグ参与なども務めている。

最終更新:7月30日(土)9時16分

山陽新聞デジタル