ここから本文です

地元のラオニッチも含め、8強が出揃う [トロント/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 7月30日(土)0時45分配信

 カナダ・トロントで開催されている「ロジャーズ・カップ」(ATP1000/7月25~31日/賞金総額408万9740ドル/ハードコート)の男子シングルス3回戦で、第4シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)が母国の観客の前で予選を勝ち上がったジャレッド・ドナルドソン(アメリカ)を6-2 6-3で倒して準々決勝に駒を進めた。

「僕はチャンスを生み出しながら、自分の側のことを考えている。強気に出て、ショットを決めにいくことを」とラオニッチ。「僕は対戦相手たちに時間的余裕を与えない。ネットの向こう側にいる相手にできるだけリズムを与えないようにして、彼らを心地悪い状況に追い込むよう努めているんだ」。

 ラオニッチはこの試合で合計15本のサービスエースを奪った。彼は自分のサービスについて「いつもこんな具合なんだ」と言った。

錦織がラムをストレートで退け準々決勝へ [ロジャーズ・カップ]

「彼がやや前気味の位置でリターンしようとしているのを見て、彼にあれこれ考えさせるため、より強くボディに向かって打つようにしたんだ。それによって、彼により下がったポジションをとらせることで、僕がアングルにサービスを打つためのスペースがつくれれば、と期待してね」。

 第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は予選勝者のラデク・ステパネク(チェコ)を6-2 6-4で倒し、問題なく準々決勝に勝ち上がった。2007、2011、2012年に優勝しているジョコビッチは、次に第5シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)と対戦する。ベルディヒは3回戦でライアン・ハリソン(アメリカ)を6-4 6-7(2) 6-4のフルセットの末に下している。

 ジョコビッチはベルディヒについて、「僕らは本当に何度もプレーしている。彼は僕が少なくとも30回は対戦した数少ない選手のひとりだよ」と言った。「言うまでもなく、過去の試合を見直して準備する必要があるね」。ふたりの過去の対戦成績はジョコビッチから24勝2敗だ。

 第10シードのガエル・モンフィス(フランス)は第7シードのダビド・ゴファン(ベルギー)に7-6(5) 2-6 6-4で競り勝った。モンフィスは先の日曜日に、ワシントンDCの大会で優勝したばかりだ。

「僕は大勢の観客の前でプレーするのが好きだ。もし観客が対戦相手のほうを応援していたとしても、それは構わない」とモンフィス。彼は次のラウンドで地元カナダのラオニッチと対戦することになるが、モンフィスはこう言っている。
「いずれにせよ、すごくいい試合になると思うよ」

 また、第2シードのスタン・ワウリンカ(スイス)は第16シードのジャック・ソック(アメリカ)を7-6(3) 6-2で下した。第3シードの錦織圭(日清食品)もラジーブ・ラム(アメリカ)を6-3 6-4で倒して準々決勝進出を決めている。錦織は次にグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦する。ディミトロフはイボ・カルロビッチ(クロアチア)を6-3 7-5で下して勝ち上がった。

 身長203cmのケビン・アンダーソン(南アフリカ)は第12シードのバーナード・トミック(オーストラリア)に4-6 6-3 6-4で競り勝った。アンダーソンが準々決勝で対戦するのはワウリンカで、ふたりの対戦成績はこれまでのところ4勝4敗となっている。

「僕は過去の対戦で何度も負けているアンダーソンとプレーすることになる」とワウリンカ。「2年前にこの大会で対戦したときにも僕は負けているんだ。その彼とふたたび対戦することになって、きっとそれは興味深い戦いになると思う。彼を倒すのは常に難しい仕事だけれど、明日はそれをやってのけられるよう祈っているよ」。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: TORONTO, ON - JULY 28: Milos Raonic of Canada serves against Jared Donaldson of the USA during Day 4 of the Rogers Cup at the Aviva Centre on July 28, 2016 in Toronto, Ontario, Canada. (Photo by Vaughn Ridley/Getty Images)

最終更新:7月30日(土)0時45分

THE TENNIS DAILY