ここから本文です

錦織圭、フルセットの末に勝利しベスト4進出/マスターズシリーズ、トロント大会

TENNIS.JP 7月30日(土)10時35分配信

カナダのトロントにて開催されているツアーでマスターズシリーズの第6戦、ロジャーズ・カップ。第3シードの錦織圭(26歳、日清食品)は準々決勝で世界ランキング40位のグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦し6-3、3-6、6-2で勝利し2年連続でベスト4進出を果たした。

第1セットを展開の早いプレーで圧倒すると、錦織は第2セットの序盤でエラーを連発し今大会初めてセットを落とす苦しい展開。第3セットは攻撃的なプレーを取り戻しての快勝した。

準決勝では第2シードのスタン・バブリンカ(スイス)と対戦、過去の対戦成績は錦織の1勝3敗。準優勝を果たした14年の全米オープンの準々決勝でフルセットの末に勝利も、翌年の全豪オープン準々決勝ではストレート負けしている。

錦織は左脇腹痛で4回戦で途中棄権したウィンブルドン以来の大会出場となる。この大会に続きリオデジャネイロ・オリンピックに挑むこととなる。

最終更新:7月30日(土)10時35分

TENNIS.JP

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。