ここから本文です

国際NGO支援のシリア産婦人科病院に空爆、複数の死傷者か

AFPBB News 7/30(土) 9:52配信

(c)AFPBB News

【7月30日 AFP】シリア北西部のイドリブ(Idlib)県で29日、子どものための国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン(Save the Children)」が支援する産婦人科病院が空爆を受け、死傷者が出ている。在英NGO「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」が発表した。

 同監視団によると、爆弾は病院の玄関を直撃。国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)から離脱した反体制派武装組織「シリア征服戦線(Jabhat Fateh al-Sham)」(旧アルヌスラ戦線、Al-Nusra Front)の戦闘員1人が死亡したほか、複数の死傷者が出ているが人数は確認できていないという。

 セーブ・ザ・チルドレンの現地広報担当者、アラン・マクドナルド(Alun McDonald)氏も声明で、「患者と病院職員にも死傷者が出ているとの情報があるが、人数は未確認だ」と述べた。空爆された病院は地域最大で、毎月1300人以上の女性が受診し最大700人の新生児が生まれているという。

 人権監視団によれば、この病院は一帯で唯一の産婦人科・小児科専門病医院。地元情報筋の話では、反体制派が掌握する町カファル・タクハリム(Kafar Takharim)にある。空爆で建物は大きく損傷し、病院業務の継続が困難になっているという。

 死亡した戦闘員は出産直後の妻の見舞いに訪れていたという。空爆を行ったのがシリア政府軍機かロシア機かは不明。

 映像は、現場に向かう救急車。(c)AFPBB News

最終更新:7/30(土) 9:52

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。