ここから本文です

「地球をこの手に」 東京・千代田区

日本農業新聞 7/30(土) 7:00配信

 デジタルの地球儀に触れながら、未来を考えてもらおうと「丸の内・触れる地球ミュージアム」が29日、東京都千代田区の行幸地下通路にオープンした。初日は大勢の家族連れや観光客らが訪れ、地球温暖化による暮らしへの影響や食と農の大切さを学んだ。

 主催は民間企業などで構成する「触れる地球の会」で、JA全農が特別協賛した。現在の気象情報などを取り込んで、雲などをリアルに表示するデジタル地球儀5台を設置。通路にある柱40本には「森・海・生物多様性」をテーマにしたポスターを貼って、日本の水田や里山が育む自然の美をアピールした。

 8月4~6日には、事前予約制の「子ども地球教室特別編」を企画する。

日本農業新聞

最終更新:7/30(土) 7:00

日本農業新聞

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。