ここから本文です

平川朝陽がジョーンズ怜音を下すなど、男女4強が出揃う [全国小学生テニス]

THE TENNIS DAILY 7/30(土) 9:00配信

「第34回第一生命全国小学生テニス選手権大会」(7月28~30日/第一生命相娯園グラウンドテニスコート/東京・世田谷区)の大会2日目は、男女シングルス3回戦と準々決勝が行われ、ベスト4が出揃った。

大会2日目、ベスト4が出揃う [第34回全国小学生大会]

 この日、もっとも注目されたのは男子準々決勝。第5~8シードの平川朝陽(埼玉/加須市立不動岡小学校6年)とトップシードのジョーンズ怜音(三重/四日市市立八郷西小学校6年)の対戦だった。

 平川が強く正確なショットでジョーンズを両サイドに振って、試合の主導権を握る。第1セットはブレーク合戦となったが、平川は5-4リードで迎えたジョーンズのサービスで0-40とし、セットポイントをつかんだ。しかし、ジョーンズはそこから3連続ポイントを奪うなどゲームカウントは5-5となり、そのままタイブレークへともつれ込む。

「タイブレークなら勝てる自信があった」という平川が終始リードして7-4とし、第1セットを奪取。第2セットも両者の攻防は続いてふたたびタイブレークになると、平川がこのセットも9-7で奪って準決勝進出を決めた。

「第1シードを相手に自分の攻撃的なテニスができて、その上、勝てたのでうれしい。フォアハンドに回り込んで攻めるのが自分の武器。一度綺麗に打ち返されたが、それで落ち込むと怖くて打てなくなるので、“仕方ない”と気持ちを切り換えてプレーした」(平川)

 平川が準決勝で対戦するのは、初戦の2回戦からすべてストレート勝ちを収める松村康太郎(東京/私立立教小学校6年)。

 もう一方の準決勝は、森田皐介(埼玉/本庄市立本庄東小学校6年)と中村健太(千葉/習志野市立大久保東小学校6年)の対戦となった。両者は強さを見せつけて、危なげない勝ち上がりを見せている。

 女子は第1シードの久保杏夏(広島/広島市立古市小学校6年)が前評判通りの強さで3回戦、準々決勝を勝ち上がった。その久保と準決勝で対戦するのは、シード選手2人を倒して勝ち上がったノーシードの田中愛美(大阪/大阪市立北粉浜小学校6年)だ。

 明日の準決勝について田中は「相手のイメージはただ強いだけ。勝つチャンスがあるなら勝ちたい。負けたとしても、自分らしいテニスをして、その経験を次に生かせるようにしたい」と意気込みを語る。

 もう一方の山を勝ち上がったのは、第2シードの古賀彩花(千葉/野田市立みずき小学校6年)と第3シードの繁益春音(京都/京都市立桂東小学校6年)。繁益は3回戦、準々決勝でどちらも第1セットを落とすタフマッチを演じている。彼女の持ち前である“修正力”がベスト4以上でも発揮できるか、注目される。

 (テニスマガジン/編集部◎池田 晋)

最終更新:7/30(土) 9:00

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。