ここから本文です

アビスパが“総選挙”の途中経過発表 1位に輝いたのは福岡一筋12年のストライカー

theWORLD(ザ・ワールド) 7/30(土) 8:30配信

2位は急成長の18歳

アビスパ福岡は29日、「第4回 アビスパ福岡選抜総選挙」の第2回中間発表を行った。

8月に制作されるポスターの登場メンバーを決めるアビスパ福岡選抜総選挙は、ホームゲーム開催日のスタジアムや公式モバイルサイトにて投票が可能。2回目の中間発表では、2005年から福岡一筋で活躍するFW城後寿が2284票を集めて暫定1位に輝いている。

また、2位は井原監督の下で急成長を遂げる18歳のFW邦本宜裕、3位には川崎フロンターレから2ゴールを奪ったことが記憶に新しいFW金森健志が続いた。その他にもリオデジャネイロオリンピックのメンバーに選出されているDF亀川諒史、チームに欠かせない存在として前線で存在感を発揮するFWウェリントン、2012年から福岡でプレイするベテランFW坂田大輔らが上位に名を連ねた。

今季は2011年以来となるJ1リーグを戦う福岡だが、22節を終えて最下位と苦しい戦いが続いている。次節は30日、総選挙の投票用紙も配られるホームスタジアムでベガルタ仙台と対戦。U-23日本代表チームで活動している亀川は不在だが、サポーターから人気を集める攻撃陣はスタジアムに歓喜に導く得点を決め、勝ち点3を獲得することができるだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/30(土) 8:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。