ここから本文です

「おばあちゃんの家」のような観光列車「おいこっと」、「らしい」プレゼント実施

乗りものニュース 7/30(土) 18:00配信

普段は「野沢菜」

 JR東日本長野支社は2016年7月28日(木)、夏休み特別企画として、飯山線で運行している観光列車「おいこっと」の乗客に「手ぬぐい」をプレゼントすると発表しました。

 おもに長野駅と十日町駅(新潟県十日町市)のあいだで運行されている観光列車「おいこっと」は、「日本人のこころのふる里」「田舎」「やすらぎ」「癒やし」などがテーマの観光列車。「手ぬぐい」のプレゼントは“らしい”ところかもしれません。

 ちなみに普段から、観光列車「おいこっと」ではそんなイメージにふさわしい“おもてなし”があります。信州名物「野沢菜」のふるまいです。信州ではお茶うけに漬物を出す慣習があり、「田舎のおばあちゃんの家に来た感覚でおくつろぎいただきたい」という思いがあるそうです。

 プレゼントの実施日は8月6日(土)と7日(日)、11日(木・祝)から14日(日)まで。観光列車「おいこっと」の指定席券を購入し、戸狩野沢温泉~森宮野原間の往路、および復路に乗車した人が対象です(無くなり次第終了)。

 なお、飯山線の観光列車「おいこっと」は、プレゼント期間終了後も9月3日(土)から引き続き土休日を中心に運行されるほか、その車両を使った「走る農家レストラン」「長野和洋アフタヌーンティー味わいの旅~秋のスイーツ満喫編~」といった旅行商品も発売されています。

乗りものニュース編集部

最終更新:7/30(土) 21:17

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。