ここから本文です

取り憑かれた武士が…妖怪ナイトツアー参加者募集 小江戸川越を巡る

埼玉新聞 7月30日(土)10時31分配信

 埼玉県川越市内を巡って妖怪伝説などを紹介する「小江戸川越伝説妖怪ナイトツアー5~兵たちへの鎮魂」(市シルバー人材センター主催、まちづくり川越共催)が、8月6日と20日に行われる。
 
 ツアーでは市内の観光施設「小江戸蔵里」を午後5時半以降に出発。妖怪にまつわる伝説などが残る蓮馨寺や烏山神社など約3キロを2時間から2時間半かけて回る。中原町では、島原の乱の捕虜の牢屋敷跡に建った武家屋敷で怨霊に取り憑かれ、武士がサルに見えた家族を切り捨ててしまったという伝説などを紹介する。
 
 募集は各回400人で、参加費は大人500円、小中学生200円。希望者は実施日の5日前までに必要事項を記入し、ファクスかはがきで申し込む。
 
 問い合わせは同センター(電話049・222・2075)。

最終更新:7月30日(土)10時31分

埼玉新聞