ここから本文です

第2シードの中村健太 日本一へ王手<全国小学生テニス>

tennis365.net 7月30日(土)11時22分配信

第34回第一生命全国小学生テニス選手権大会

全国から集まった小学生が日本一を競う第34回第一生命全国小学生テニス選手権大会(東京/相娯園総合グラウンドテニスコート、クレー)は大会最終日の30日、男子シングルス準決勝が行われ、第2シードの中村 健太(千葉/習志野市立大久保東小学校)が森田 皐介(埼玉/本庄市立本庄東小学校)を6-3, 6-2のストレートで下し、優勝へ王手をかけた。

錦織も優勝した全国小学生テニス大会

この試合、第1セットを先取した中村は続く第2セットでも勢いそのままに攻め、勝利を手にした。

決勝では、平川 朝陽(埼玉/加須市立不動岡小学校)と対戦する。平川は、同日の準決勝で松村 康太郎(東京/私立立教小学校)をストレートで下した。

中村は今大会、初戦となる2回戦で小堤 康太郎(宮城/名取市立増田小学校)、3回戦で青木 陽哉(富山/富山市立藤ノ木小学校)、準々決勝で角 陽太(島根/松江市立揖屋小学校)を下しての勝ち上がり。

同大会では、男子テニスで世界ランク6位の錦織圭(日本)が2001年に優勝。その他では添田豪(日本)は1996年に優勝、守屋宏紀(日本)は2002年に準優勝、関口周一(日本)は2003年に準優勝、内山靖崇(日本)は2004年に優勝、西岡良仁(日本)は2007年に優勝、中川直樹(日本)は2008年に準優勝している。

女子では奈良くるみ(日本)が2002年に準優勝、2003年に優勝。尾崎里紗(日本)は2006年に優勝した。

昨年は、男子が井上玄意(日本)(三重/当時:津市立桃園小学校)、女子は松田絵理香(神奈川/当時:横浜市立東品濃小学校)が優勝を飾った。

tennis365.net

最終更新:7月30日(土)14時56分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]