ここから本文です

【MLB】イチローは4打席目も凡退、3000本へ「2」のまま 守備ではレーザー披露

Full-Count 7月30日(土)10時2分配信

今季初の3番でスタメン、4打席目もヒット出ず2998安打のまま

 マーリンズのイチロー外野手は29日(日本時間30日)、本拠地でのカージナルス戦に「3番・左翼」で3試合ぶりに先発出場し、4打数無安打に終わった。イチローは現在、メジャー通算2998安打で、メジャー史上30人目の3000安打に残り2本となっている。マーリンズは6-11で敗れた。

MLBの歴史に名を残すイチロー…MLB歴代通算安打&盗塁数ベスト50、日米年度別成績一覧

 今季初の3番起用となったイチローは初回、1死一塁で打席へ。場内はスタンディングオベーションとなったが、相手先発の右腕リークの前に三直。飛び出していた一塁走者のプラドもアウトで併殺となった。

 4回には守備でレーザービーム送球を見せて場内を熱狂させ、その裏に1死走者なしで2打席目を迎えた。本拠地は再び大歓声に包まれたが、フルカウントからリークの速球を打ち、捕ゴロに倒れた。

 5回に6点を奪われるなど1-9と大量リードを許したマーリンズだったが、その裏にプラドの3ランなどで5点を返し、続くイチローに打席が回る。「イチローコール」の中、粘った末に9球目を打ったが、ギリギリでアウトとなる遊ゴロ。6-11と再び5点差に広げられた8回も3番手左腕キークへファーの前に空振り三振と、4打席連続凡退となった。

 イチローは28日(同29日)の試合で、代打で二塁打を放ち、2998安打とした。試合後の球団が公式ツイッターで「公式発表:イチローは明日の夜に先発予定。3000(安打)まで、わずか2安打」と超異例のスタメン前日発表を行っていた。

 4番手外野手という立ち位置のため、イチローは代打での出場が多いが、この試合の前までスタメンでは今季146打数50安打の打率.342と好成績で、先発34試合中17試合で2安打以上を記録していた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月30日(土)11時18分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報